1. TOP
  2. プロジェクト一覧
  3. 第2期穴水町まち・ひと・しごと創生推進計画

第2期穴水町まち・ひと・しごと創生推進計画

関連するSDGs目標

  • 住み続けられるまちづくりを
  • 陸の豊かさを守ろう

現在の寄付・支援状況

¥-
目標金額と現在の金額との差を表した横棒グラフ
目標金額
¥50,000,000
寄付社数
-
支援社数
-
募集終了まで
845

概要

このプロジェクトは内閣府のこちらのページをもとに作成しているため、プロジェクトの詳細内容が更新されている内容と異なる場合がございます。自治体のご担当者の方で情報更新等ございましたらこちらのフォームよりご連絡ください
お問合せフォーム

地域再生計画の目標

穴水町は、能登半島の中央部に位置し、町の南側には七尾北湾が広がり、七尾市、輪島市、志賀町及び能登町に接している。東西25km、南北15kmに広がり183.24k㎡の面積を有する。町の西北部には桑塚山(標高409m)を最高峰とする山々が連なり、東部には丘陵地が広がっている。また、海岸線は、延長58.6kmにおよぶリアス式海岸が続き、美しい景観が形成されている。年間平均気温は約13℃、年間平均降水量は約2,000mmである。本町の人口及び世帯数は、1955年(昭和30年)の19,182人、3,919世帯をピークに減少し、2015年(平成27年)には8,786人、3,461世帯まで落ち込んでおり、2020年(令和2年)8月時点では7,706人、3,212世帯となっている。なお、国立社会保障・人口問題研究所によると、2015年(平成27年)から2040年(令和22年)までの25年間で町の総人口は、4,380人になると推計されている。また、年齢3区分別の人口割合は、2015年現在、年少人口(15歳未満)が8%(1985年:19%)及び生産年齢人口(15~64歳)が47%(同年:63%)であるのに対し、老年人口(65歳以上)が46%(同年:17%)となっており少子高齢化の進行が著しい。なお、合計特殊出生率は、年々減少傾向にあり、2013~2017年は1.46となっている。(2008~2012年:1.55)。

人口の減少は、自然動態及び社会動態の両方において進行している。自然動態では、若者の減少に伴い出生数が減少する一方で、高齢化に伴う死亡数の増加により自然減が続いている(2018年:154人の自然減)。社会動態においても、高校卒業後の若者が進学・就職のために町外へ転出するケースが多く見られ、社会減の状態が続いている(2018年:92人の社会減)。このような人口減少・少子高齢化の進行によって、社会保障費の増大による財政の圧迫、医療・福祉・行政サービス水準の低下、地域活力の低下、及び地域コミュニティの衰退が懸念される。これらの課題に対応するため、人口減少を克服し、町民が安心して働き、希望に応じた結婚、出産、子育てができる活力あふれる地域社会の実現に向け、下記に掲げる基本目標に沿って各種施策を推進する。

・基本目標1誰もが活躍できる安定した雇用を創出する

・基本目標2魅力を発信し新しいひとの流れをつくる

・基本目標3若い世代が定着し結婚・出産・子育ての希望をかなえる

・基本目標4いつまでも元気に住みつづけられる

このプロジェクトをシェア!

プロジェクトを探す

CONTACT

お問い合わせ・資料請求
  • 資料ダウンロード

    企業版ふるさと納税の活用方法や、
    サービス詳細についての資料を
    無料で配布しております。

  • 支援集めのご相談

    自治体・企業・団体様からの
    プロジェクト掲載等の
    お問合せはこちらからご連絡ください。

  • お問い合わせ

    当サービスに関するお問合せは
    こちらからご連絡ください。