1. TOP
  2. プロジェクト一覧
  3. 勝山市まち・ひと・しごと創生推進計画

勝山市まち・ひと・しごと創生推進計画

関連するSDGs目標

  • すべての人に健康と福祉を
  • 働きがいも経済成長も
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 陸の豊かさを守ろう

現在の寄付・支援状況

¥-
目標金額と現在の金額との差を表した横棒グラフ
目標金額
¥5,000,000
寄付社数
-
支援社数
-
募集終了まで
278

概要

このプロジェクトは内閣府のこちらのページをもとに作成しているため、プロジェクトの詳細内容が更新されている内容と異なる場合がございます。自治体のご担当者の方で情報更新等ございましたらこちらのフォームよりご連絡ください
お問合せフォーム

地域再生計画の目標

日本全体で少産多死の流れが顕著となり、首都圏への一極集中の流れとともに、地域における人口減少問題が大都市圏の一部を除くすべての自治体における喫緊の課題となっている。勝山市においても、その人口は1950年の38,962人をピークに減少の一途をたどり、2019年11月には23,000人を割る状況となっている。国立社会保障・人口問題研究所の推計を基に2060年までの人口推計を行ったところ、現在の状況が改善しない場合、人口は約12,000人にまで落ち込む見込みである。人口の減少は、顕著な出生数の減少(自然減)や10歳から40歳世代の市外就職を中心とした転出超過(社会減)が大きな原因であると考えられる。特に、大学や専門学校等に進学した人のうち、卒業後に市内へUターンする割合は、男女ともに3割程度に留まることが、本市が行った人口動態に係る調査から判明している。人口減少がこのまま進行すると、地元企業をはじめとした地域の担い手不足という問題が一層現実味を帯びる懸念がある。

こうした課題に対応するため、本市の県内でもトップクラスの手厚い子育て支援策やESD、英語教科教育など特色ある教育環境に加え、結婚・出産への支援策を一層充実させることで、人口の自然増につなげる。また、若い世代が夢や希望を叶えることのできる雇用の創出・確保をはじめとした就労支援体制の充実や観光まちづくりによる地域経済の活性化、だれもが安全・安心に暮らすことのできる生活環

境基盤の整備等を通じて、人口の社会減に歯止めをかける。

・基本目標1ジオパークの豊かな自然と歴史の中に暮らす魅力を高めて、定住化を促進する

・基本目標2U・Iターンに向けた多様な仕事と需要を生み出すなど、多様なチャレンジが可能な仕組みをつくる

・基本目標3縁結びから子育て、教育まで、充実した環境の中で勝山を誇れる次の世代を育てる事業

・基本目標4豊かな地域コミュニティの中で、いつまでも健康で、安全・安心に暮らせるまちを創る事業

このプロジェクトをシェア!

プロジェクトを探す

CONTACT

お問い合わせ・資料請求
  • 資料ダウンロード

    企業版ふるさと納税の活用方法や、
    サービス詳細についての資料を
    無料で配布しております。

  • 支援集めのご相談

    自治体・企業・団体様からの
    プロジェクト掲載等の
    お問合せはこちらからご連絡ください。

  • お問い合わせ

    当サービスに関するお問合せは
    こちらからご連絡ください。