1. TOP
  2. プロジェクト一覧
  3. あわら市まち・ひと・しごと創生推進計画

あわら市まち・ひと・しごと創生推進計画

関連するSDGs目標

  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 陸の豊かさを守ろう

現在の寄付・支援状況

¥-
目標金額と現在の金額との差を表した横棒グラフ
目標金額
¥850,000,000
寄付社数
-
支援社数
-
募集終了まで
1009

概要

このプロジェクトは内閣府のこちらのページをもとに作成しているため、プロジェクトの詳細内容が更新されている内容と異なる場合がございます。自治体のご担当者の方で情報更新等ございましたらこちらのフォームよりご連絡ください
お問合せフォーム

地域再生計画の目標

本市の人口は、1996年(平成8)の32,527人をピークに減少局面に突入し、2020年(令和2)10月1日現在では27,271人(出展:福井県統計年鑑)となった。年齢3区分別人口の推移を見ると、1975年(昭和50)以降は、生産年齢人口は1995年(平成7)の20,919人をピークに減少に転じ、特に2000年(平成12)以降の20年間で20,292人から2020年(令和2)には15,243人と2割を超える減少となっており、1975年以降で最低となっている。年少人口は1990年(平成2)の5,875人から2020年(令和2)の3,027人となり、一貫して減少を続けている。一方、老年人口は1990年(平成2)の5,104人から2020年(令和2)の9,260人となり、一貫して増加傾向となっており、1995年(平成7)には年少人口を逆転している。(出展:国勢調査(1975年(昭和50)~)、福井県統計年鑑(2020年(令和2)1月1日時点))自然動態の推移を見ると、高齢化の進行とともに出生率の低下、出産適齢期にある女性の減少や未婚率の増加などの影響により、自然減が長期的に拡大している。1990年(平成2)以降の自然動態の推移を見ると、出生数は上下動を繰り返しながらもピークとなった1994年(平成6)以降は長期的に減少傾向にある。死亡数も上下動を繰り返しているが、2001年(平成13)以降は増加傾向にあり、1997年(平成9)以降は出生数を一貫して上回るようになっている。2020年(令和2)では、出生数161人、死亡数379人の自然減218人となった。なお、合計特殊出生率の推移を見ると、2007年(平成19)まで減少傾向であり、2008年(平成20)~2012年(平成24)にかけて回復傾向が見られたが、直近の2013年(平成25)~2017年(平成29)では再び減少に転じている。県全体と比較すると、旧町時代は、旧金津町は県全体と同程度で推移していたが、旧芦原町は県全体を下回る値で推移しており、合併後のあわら市でも県全体を下回っている。また、全国平均との比較においても、直近の2013年(平成25)~2017年(平成29)では、全国平均を下回る結果となっている。2017年(平成29)では、1.39となっている。

一方で、社会動態は若者世代を中心に近年社会減の傾向にある。1990年(平成2)以降の社会動態の推移を見ると、1996年(平成8)までは転入数(1,323人)が転出数(1,254人)を上回っていたが、1997年(平成9)以降は転出数が転入数を上回っている。また、転入数、転出数ともに1990年(平成2)以降増加傾向が続いたが、1996年(平成8)前後にピークを迎えた後減少傾向に転じており、近年は2007年(平成20)、2008年(平成21)を除き約100~200人/年の社会減が続いている。2020年(令和2)では、転入数739人、転出数904人の社会減165人となった。1980年(昭和55)から2015(平成27)にかけての年齢階級別人口の移動状況を見ると、1995年(平成7)から2005年(平成17)にかけて、転入超過から転出超過へと急激な社会減が見られる。特に10代~20代の層が2000

年(平成12)から2005年(平成17)までの間に急激な減少を示しており、10代未満の層も一貫して減少し続けている。このような状況のもと、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、将来人口は2010年(平成22)の29,989人から、2040年(令和22)には約2万1千人、2060年(令和42)には約1万4千人と約半分にまで減少すると推計されている。

このような状況が続くと、地域社会に及ぼす影響として生産年齢人口の減少による労働力低下や地域の担い手減少、集落機能が低下し維持困難な集落が多くなる、といったことが懸念される。このため、人口減少、少子高齢化社会が進行する中、安定した雇用環境や子育てしやすい環境、そして安心して暮らすことができる魅力的な地域づくりを進め、定住の確保を図り、人口流出の抑制につなげるとともに、本市への新しいひとの流れをつくることが重要といえる。よって、本計画期間における基本目標を次に掲げ、「暮らしやすくて幸せを実感できるまち」の実現を目指し、各種施策を推進する。

・基本目標①あわら市における安定した雇用を創出する

・基本目標②多様なつながりを築き、あわら市への新しいひとの流れをつくる

・基本目標③結婚・出産・子育ての希望をかなえる

・基本目標④ひとが集う、安心して暮らすことができる魅力的な地域をつくる

このプロジェクトをシェア!

プロジェクトを探す

CONTACT

お問い合わせ・資料請求
  • 資料ダウンロード

    企業版ふるさと納税の活用方法や、
    サービス詳細についての資料を
    無料で配布しております。

  • 支援集めのご相談

    自治体・企業・団体様からの
    プロジェクト掲載等の
    お問合せはこちらからご連絡ください。

  • お問い合わせ

    当サービスに関するお問合せは
    こちらからご連絡ください。